審査に落ちる3つの原因

カードローンの審査にはマニアルが有りマニアルに沿って進められます、その為審査に通らない条件も決まっていてほぼ次の3件に集約されます、審査に落ちた方はその中のどれかに抵触した可能性が高いと考えられます。

 

条件を満たしていないカードを選んでいる場合

カードローンも沢山あり審査の条件もまちまちです、カードローンによっては一般的な審査条件の他に個別の条件んを設けているところが有り、この条件に気付かず申し込みをしてしまった場合です、ホームページなどで調べれば記載されているので直ぐ分ることですが、ハイクラス専用で年収制限の有るものや、年齢制限が設けられているものが良くあるケースです、以前のカードにはよくありましたが、会社員の場合正社員でなければ審査を受け付けてくれないカードローンまで有ります。

 

2ヶ所以上に申し込みをした場合

故意であれうっかりであれ2ヶ所以上同時にカードローンを申し込むと落ちる可能性が高くなります、うっかり他社に申し込んだままになっていないか確認してみてください、カードローンの会社はそれぞれの情報を共有していて借入れ状況などをチェックすることが出来るようになっています、その為申し込んだ本人の他社への申し込み情報などは即座に分かってしまいます。

 

通常の正常な借り入れをしようとしているお客様は2ヶ所同時に申し込む等と言うことは先ずない為、カードを沢山作って借りられるだけ借りようとしているのではないか、何かイレギュラーな事をしようとしているのではないかと疑われても仕方ありません、うっかりミスで審査を落ちてしまうのはつまらないものです、良く確認をして申し込むようにしてください。

 

 

過去に問題が有った場合

過去に何かのトラブルが有った方はまず審査には通らないと思って間違いありません、カードローンやクレジットカードなどの取引履歴は一定期間保管されていて直ぐに照会することが出来ます、取引履歴に何度も支払いの遅延や返済の遅延を起こした等の記録が残っていれば又同じことが起こると疑われても仕方のないことです。取引履歴の保管は一定期間を過ぎると破棄されて照会出来なくなるようです、もし過去に支払いや返済で何度も遅れた心当たりが有る方は、一定期間が過ぎるまで待ってから申し込みをする方が良いかもしれません。