働いていなければ、カードローンの審査を通るのは難しい?

ニーズの多様化から、近年ではパート勤務主婦向けのカードローンや、アルバイトなどの雇用形態でも審査が通るカードローンが存在します。非正規雇用が増加する中で、正社員とはいかなくても勤勉に働く人であればしっかり返済も可能だという判断が下された結果です。

 

それでは、無職の方でも持つ事の出来るカードローンもあるのではないでしょうか。

 

残念ながら、無職の方でも持てるカードローンというのは、存在しないと言ってよいでしょう。
カードローンにおける返済能力の有無は、金額の大きさに関わらずある程度安定した収入を得ている事が第一条件だからです。

 

無職と言うのは、収入を得ていないと同じと判断されますので、そもそも返済能力の判断を問う事が出来ないというのがカードローン会社の見解です。しかしながら、働いていなくともカードローンを持つ事が出来るケースがあるのです。それは一体どういう事なのでしょう。

 

専業主婦の場合

 

専業主婦は社会的な立場においては無職と位置付けられ、通常ではカードローンの申し込みを行っても審査に通る事はありません。しかし、世帯主の収入に応じて、専業主婦向けのカードローンのサービスを展開しているカードローン会社もあります。審査対象はあくまでも配偶者や世帯主ではありますが、経済的な面で特に問題がないとなれば融資を受ける事が出来るのです。

 

 

就職先が決まっている場合

 

今現在は無職だとしても、働き先がすでに決まっている場合は、審査が通る可能性があります。それは正社員に限った事ではなく、アルバイトでも派遣社員でもよいのです。なので、カードローンを申し込み、審査に通って融資を受けたいと思ったら、とにかく雇用形態にこだわらず働き口を探すのも一つの方法と言えるでしょう。