専業主婦でも利用が可能なカードローン

 

カードローンというのは主な利用条件が安定的な収入となっているため、一般的にはサラリーマンに適したローンと言えます。アルバイトやパート、派遣社員は雇用環境に不安があるため、審査が厳しくなっているのは事実です。ただ、継続的な雇用状況にあり、安定した収入を得られていれば、パートの主婦でも年収に応じた額の範囲内でカードローンを利用することができます。

 

一方、主婦で問題となるのは家庭にいる専業主婦です。現在は総量規制による年収制限があるため、収入の無い専業主婦は原則的に貸金業者の提供しているカードローンの利用はできません。しかし、総量規制にも例外があります。

 

専業主婦でも利用できる配偶者貸付

 

専業主婦がお金を借り入れる場合は、一般的に家賃や子どもの教育費、病院の治療費、旅行費用などの生活費に使われています。そして、民法では生活費などの日常家事債務の返済は夫婦の共同責任となっています。  

 

そこで、総量規制においても夫の同意を前提として専業主婦でも貸金業者のカードローンを利用することが認められています。これを配偶者貸付と言います。ただし、利用限度額は夫の年収の3分の1以内に限定され、また、申込む場合は夫の同意書や婚姻証明書などの書類を提出しなければなりません。 

 

ところが、配偶者貸付は管理する手間が多い割には貸出額が少ないことから対費用効果が悪いため、専業主婦への貸出を受け付けている貸金業者がほとんどないのが実態です。  

 

そこで、専業主婦にとって有効なカードローンが銀行の運営しているカードローンです。銀行のカードローンは総量規制の適用を受けないため、無職の専業主婦に対しても利用限度額を30万円〜50万円の範囲内としたカードローンの利用を認めているところが少なくありません。